上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日はFBで久しぶりにマジックとかしてきました。

実はこないだもどこかでアリーナに出たりしてましたが、夏期講習とか帰省とかでレポをめんどくさがってるうちにほぼ忘れちゃったw

一応覚えてるのだけ書きますね。使用デッキはどちらも青黒神秘。

アリーナ@池袋アメ

1戦目 赤単 ○×△
1本目は普通にコントロールしていった後にヴァンパイアを展開。火葬で除去られるも2体目展開。で、後2ターンで勝てるところで、ハンド2枚の相手がライフ10のこちらに対して悪魔火X=7(全力)。墓地に神秘があって6マナ立ってるものの、ハンドにカウンターが無くて青パクトも既に使っちゃってた俺はとりあえず通し。で、神秘から消えない賛歌持ってきて、使用。ハンドは案の定もう一枚の悪魔火。で、そのままヴァンパイアで殴りきって勝利。

2本目、うっかり通ったヤヤバラードにフィンケル燃やされたり、ガルガドン警戒で除去打たずにアタック通したりしてるうちにライフが減って、最後は暴勇悪魔火X=4で死亡。

3本目
いろいろあって、こちらのライフが1になる。そこで相手はケルドの巨石をタップイン。死亡フラグを感じるも、デッキに1枚の幽霊街をトップしてなんとか生き残るwww

ちょっと安心してたら相手のトップがケルドの巨石でびびるも、こちらのトップがボトルのノームwww即サクってライフを4に。

その後無残な収穫でライフまったりしてるうちに時間切れ。
まったりしながら終了。

2戦目 ブリンクトリコ ○○
あんま覚えて無いけど、なんかカウンターしてったら普通にアドバンテージ差で勝利できた。
ドロソ入ってないくせに遅いとかさすがにお客さん過ぎるwとか思った。一瞬の瞬きって対象いないと弱いよね。根絶してもいいし。

3戦目 白青再拘束 ○○
1本目 相手の急使の鷹が10/11飛行先制攻撃吸魂警戒、って生物になって引きの弱かった俺は全力でびびるも、結局ヴァンパイアが強くて勝ち。トークンが毎ターンブロックしてから増えて吸魂防いだりしてました。

2本目 序盤ぐだぐだした後、再拘束で相手が羽ばたき飛行機械強化しようとした所で魂の捕縛。
こっちのトークンが11/11飛行先制攻撃吸魂になって勝利www

割と楽しかったです。3戦目とかw


で、今日のレポ

1戦目 黒単ビート ○○
1本目 骸骨の占い師やらネズミやらでラックかな?と思ったら黒単ビートでした。恐怖とか黒パクトが全力で無駄カードでしたが、テフェリーでブロックしたりでアドを取っていって、神秘からヴァンパイア出してそのままヴァンパイアで勝利。

2本目 
十二足獣が2ターン目に降臨。
ついでに3ターン目にも降臨。
ブロッカーの占い師には暗黒破。

まさに外道w

2戦目 緑青白踏み荒らし ○○
1本目
ラノエルからヤヴィドラ、巫女、エルフなどと展開。ヤヴィドラに恐怖、エルフをテフェリーブロック、ってやったり教主をカウンターしたりしてるうちに、おもむろに永劫の年代史家が待機される。

どうみてもテフェリーが居ます、本当に(ry
まあたまに忘れるよねー。で、こっちがヴァンパイア出してそのまま勝利。

2本目 1/1と2/1の群れに殴られてライフが12まで減り、さらにブロックに出したテフェリーが占有される。しかしこっちも返しに黒パクト→テフェリー &消えない賛歌で相手のハンド4枚全部(踏み荒らしやら永劫の年代史家やら教主やら)破壊。さらにその後、フィンケルでアタック止めてから、もう一体フィンケル出したりテフェリー出したりしてからヴァンパイアをプレイ。
勝ったかなっと思ったら相手がおもむろに踏み荒らしをプレイしてくる。存在を知らなかった俺は普通にびびるも、たまたま前のターンに殴ったフィンケルで遅延引いてたのでなんとか生き残る。でもフルアタックされてトークンが全部死ぬ事に。
しかし相手のアタック対応でヴェズーヴァの多層の戦士で吸血鬼コピーw
ここで相手投了。

踏み荒らしはなかなか面白いと思います。ラスに勝つ気あんのか?とはちょっと思ったがw

3戦目 緑黒タルモポックス ×○○

1本目 序盤はカウンターで耐えるも、スモールポックス通ったりコールが強かったりして大分苦しくなり、その内ラックが2枚出てきて死亡。いや、ていうかラックとか普通に無理だからw

2本目 こちらが2ターン目にお帰りランド置くと、相手は2ターン目にスモールポックス。ここで十二足獣捨てていいのか分からなかったのでジャッジに聞くと死なないとの事なので降臨。ブロッカー除去りつつ勝利。
3本目 相手が十二足獣警戒なのかハンデスを打ってこない。でもただのタルモビートダウンに負けるようには作られて無いので普通に除去とカウンターで裁いた後、テフェリーとかフィンケルとか3/3十二足獣で殴って勝利。

4戦目 緑黒タルモポックス ○○

1本目
ラック2枚にライフ4まで削られるも、相手はここでハンド0に。こっちは神秘から入念な考慮打ったりしてハンド4枚まで回復。その後フィンケル引いて殴り続けてハンド7枚まで回復。ワンチャンス勝利。

2本目 十二足獣が2ターン目に降臨。本当にゲームになってないwww

という事で優勝でした。賞品は真髄の針になりました。
感想としてはもうね、ハンデス多すぎ。十二足獣だけで勝ったといっても過言ではないですねw

まあとりあえず青黒は何で使われてないのか分かりませんが現環境で割りと強いデッキなのは間違いないと思います。今日のレシピにもまだ甘い所はあったので、そこをなおして今週の新宿PWCにでも突っ込みたいと思います。

そんな所で。
スポンサーサイト
2007.08.15 Wed l MTG l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

催奇形性試験と太ももダイエット
催奇形性試験(Teratogenetictoxicitytest)とは、食品中に残留する農薬が胎児に悪影響を及ぼさないように動物を使って行う安全性試験です http://roughage.crosstudio.net/
2008.10.28 Tue l . URL l 編集
炎症の美容効果
炎症とは、微生物の侵入や物理的・化学的刺激などに対して、免疫系が反応する症状の総称です http://magnification.crosstudio.net/
2008.10.29 Wed l . URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://kannchoo.blog112.fc2.com/tb.php/7-135e044f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。